人間トレーニング

Blog

今日は久しぶりに初めての人達に出会った。

新しい人に出会うと何かを学ぶ。

犬のトレーナーさんだ。30年もこの仕事をしている人で、犬の勉強だけでなく幼児教育も学んだそうだ。もちろん人間の。犬の医療の事、様々な分野から習得したのちに資格を得るそうだ。

 

私は小さい頃から犬を飼っていたけれどこれが初めての機会になる。

結論から言うと私が犬に対する”愛”は間違っていた。私は現代人らしく結局犬を”甘やかしていた”ことになる。

 

”CHOKE CHAIN”とは人間が使い方も知らずに犬に使用していた、そして今でもしている、人間の作ったものである。間違った使い方をしていると確かに犬は本当にCHOKEする。よって彼はその言葉を使わない。

 

今日犬の育て方に関して間違った情報が飛び回り、無知な私を混乱させていた。だからプロのトレーナーを頼んだのだった。

 

いつもあげている市販のドッグフードのこと、医者に薦められて与えていたはいいが、実際パッケージを読むと意味をなさない材料が使われていたり、どうして去勢をする選択があるのか、使っているリーシュのことも学んだ。

 

実際に必要なのはとてもシンプルということ。私は大声で呼んだり、イライラしたり、ずっとリーシュを引っ張っていたり、間違いだらけだったことから始まり、CHAINを使ってトレーニングする意味、何を食べさせるべきか、どういうときにどういう行動をするか。

 

話を聞いていると、ただ犬をトレーニングするというよりも私自身の人生を通してどう生きていきたいか、といった神髄に基づいているような気がした。

犬は賢くて素直な動物でそれを本当に知らなかったとすら思った。

人間が勝手に作り上げた話の殆どを私は今まで信じていた。

 

つまり犬をトレーニングするのではなく、しつけは人間の親が子にするのと全く同じで、わが子にいい人生を送らせる事はなにもいい服や高級食をする生活をさせてやることではなく、原始的で物事はシンプルな事を常時続ける事だ。そしてそれを代々子供たちに教えていく。もちろん、頭と体を使って。パソコンやスマートフォンは要らない。

 

人生にはいい事ばかりではないし、時にアップダウンはあるけれど、1つのラインはいつも一緒でそれからずれると人生は苦しくなる。その線がずっと宇宙に迄つなっがている。私達はそこからぶれるから間違った方向へ行くことも学んだ。

 

そう、犬のトレーニングなのにむしろ私がトレーニングされたのと同様だから面白い。

 

結局は人間が実際生身の体と脳を使って経験したことが知識やスキルを作る。インターネットやSNSではない。それらは明日突然消えてもおかしくない事。残念ながら時代は進みAIが発展して行き、そんな”生身”の体験は消えつつあるのかもしれない。

もう人はいかにお金持ちに成るかに必死で、いかに良い人間になるかは忘れられている。

 

地球と、自然と、生き物と、人間が作ることのできないこれらに対する”無視”はSNSの発達とともに拡大していくことなのかもしれない。

Bedpost New Zealand - Beds, Mattresses and Furniture Shop
Find your perfect bed and mattress at Bedpost. For expert advice and great deals visit us online and instore at one of our bed stores nationwide

Comments

Copied title and URL