成功への道は努力か

Blog

誰もが”努力しないと叶わない” ”努力しないと目標を達成しない” と言っています。

本当にそうでしょうか。努力は報われないのでしょうか。

 

努力は「目標」が出来た時に発生します。がしかし目的を達成するには努力も、根性も、ストイックや禁欲など全て要りません。

 

努力とは・・・

 

Wikipediaによる「努力」…..目標を実現するために、心や身体を使ってつとめることGoogleでは……目標の実現のため、心身を労してつとめること。ほねをおること、としています。

 

一般的にいわれている「努力」とは

  • 気を抜かず励むこと
  • 力を尽くすこと
  • 諦めかけてもやめないこと
  • 願望をかなえるために励むこと

 

だから人は禁欲に成ったりストイックになったり、自分に負担をかけて出来ない事を出来るようにしていき、いわゆるきつい、苦しい道を行かなければいけない。またその険しい道に突き進んでいくためには根性が要る、などと言われています。

錯覚からの勘違い

 

例えば過去の成功者が、「一生懸命練習したから、活動したから、成功できた」ということをよく聞きます。それを一生懸命練習すれば、一生懸命活動すれば成功する」と錯覚が生じます。

ですから、一生懸命がんばったのに報われなかった、あんなにストイックに目標に向かっていたのに結果が出ない、という考え方が生まれるわけです。

 

つまり努力をして苦に感じる、自分のしていることにストイックと感じている、ましてや努力は人を裏切らないという信念やプロセスで味わう自己満足感などはすべて錯覚であり邪念です。

本来練習や活動に末倒している人は他の事に構っていられません。だから自己満足を味わっている暇はありません。なぜなら結果ではなくそのプロセス自体を重視し毎日コツコツとやっているだけなのです。

練習や活動のプロセスを習慣化しいつもその事をしているので苦に感じません。ですからストイックと言う言葉すらないのです。見返りを求めるのは持ってのは他です。

努力の正体

 

努力したのにできなかったのではなく、「やらなかった」だけなのです。

実力や才能はあるのになかなか売れない、それはただ売るという目的に向き合っていないのです。

 

方法をよく考え、よく試みて、そしてよく反省をしっかりします。その繰り返しです。

そのサイクルこそがプロセスであり目標への道となります。ですから、努力とかストイックさとか根性などは要りません。

このサイクルを使いプロセスを習慣化しいつものこととして小さなことを積み重ねるだけなのです。結果は努力次第ではありません。過程次第です。

その過程を助けるものとして、環境はとても大切です。専用スペースを確保して不要なものを一切置かない。また服装も大事です。

 

最大の弱点は諦める事です。結果が出なかった、成功しなかった、と言ってすぐに諦めてしまうことです。

本当に夢をかなえたいのなら今日から始めましょう。努力はいりません。コツコツ小さなことからです。

Bedpost New Zealand - Beds, Mattresses and Furniture Shop
Find your perfect bed and mattress at Bedpost. For expert advice and great deals visit us online and instore at one of our bed stores nationwide

Comments

Copied title and URL