雑談;バチが当たる人達 毒を持った人達

Blog

私は5ヶ月前に仕事をやめた。マネジメントがぐちゃぐちゃだったからだ。ちゃんというと、そのマネジメントで押し潰されそうになっていたからだった。

全総括するマネジャー、オフィスマネジャー、そして運営するマネジャーだ。主にこの運営するマネジャーが私のポジションを圧縮していた。彼には回せないと思っていたし、その能力がないのは明らかだった。

何度かオフィスマネジャーに相談した。彼女は彼をかばうばかりだった。無性に彼をかばっていた。私はこれではこちらに毒が回ると私は去ることを考えていた。

私は自分のポジションは好きだった。やりがいのあるポジションだった。そのまま続けて5年はそこで働くつもりだった。が、私は去らざるを得なかった。

 

そこでまだ働いている子とお茶をした。彼女は私が去ったあと何が起こっていたのか教えてくれた。なんとそのマネジャーが2週間前に去ったという。そして全総括するマネジャーはパニックであるという。そりゃそうだろう。彼は人の仕事を知らなかったのだから。そしてオフィスマネジャーは私生活にも問題があり毎日イライラしているという。別の支所の女の子も来月辞めるという。

 

私はその会社が大きいから中身もしっかりしていると思っていた。だから小さな会社からそこへ移転した。それをたったの1年半でやめる羽目になった。

どんどん人が辞めていく。その理由はいざ入らないとわからないものだった。大きいからといってマネジメントがしっかりしているとは限らないことを学んだ。

 

昨日 幸いにも与えられた機会は、ある会社のクリスマスディナーに招かれた。その会社には9名のマネジャーがいる。そしてそのシステムやプロセス方法などの話を聞いていると実によく考察、考慮されている。辻褄があっている。彼らは何百ミリオンというお金を動かしている。はじめは1つの小さな会社だった。それが今は8倍だ。なぜか。

 

私は自分のキャリアを挙げたかった。そしてあんな杜撰なマネジメントの会社をただ大きいからといって選んでしまった。実際には”大きい”とは私の過信だった。

 

マネジャーはただ長く勤めているから、では決してよい結果をださない。会社は名前や見た目で判断してはならない。どんな人間がマネジャー職にいるのか見極められれば越したことはない。

それは私が去ったとて、事態は悪くなる一方だったこと、そして結局そのマネジャーは去ったこと、私や辞めていった人々は皆犠牲者だったこと、それが明確だった。今の状態がもしその子のいう通りならいづれわかることだ。マネジメントは崩壊することを。

 

今日はその子に会っといて良かった。私が今いかに恵まれた環境にいること、私がいかに幸せな立場にいるのかもわかったからだ。

 

そして人は毒を持っているとバチが当たることも。

 

New Zealand Deals - Discount Hotels, Restaurant Deals & More
New Zealand Deals - Discount Hotels, Restaurant Deals & More

Comments

Copied title and URL