ビジョンを抱える

たくさんの情報が飛び交う毎日の中で、どれが、何が一番大切な情報か分かっていると私達は間違いを起こさない。

この場合間違いというのは犯罪や差別、他人に対して見下さない事だ。自分を自分で見下したりしない、自殺しないことだ。

ビジュアライゼーションを試す。

目を閉じて頭の中で最高の自分を想像してみる。どんな状況に居るのか。何をしていると最高なのか。

そしてそれをすることによって、どんな感情をもたらすだろうか。最高の自分だから最高に幸せかもしれない。みんなによくやったなと、上司やまわりに認められたかもしれない。心は熱くなったり、誇らしく思う。

最高の自分を想像して、その気持ちを持ち続ける。

脳をだますのだ。最高の自分を集中して心の中にみてみよう。

私達は自分の行きたいゴールにたどり着けることを想像できるのだ。そうすると1番大切な情報だけが残る。

Comments

Copied title and URL