魂に栄養を

Blog

面倒くさがり屋の私が1番よく覚えている自分でもよくやったという事が1つあります。大学の時に出た課題で、”この音階を使って1曲作りなさい” というものでした。

私は普段することのなかっったことをしました。

するとすごい成果が出ました。きっと先生は自分の楽曲集に納めたそうでした。それぐらいよくできた曲でした。

“魂を込める”

そう、私は自分の魂を込めて作品したのです。

私にとってそれは多大な気力と労力と集中力を要します。面倒くさがり屋なのでそれは滅多にしませんし、やろうと思っては出来ません。

有名な音楽家達はそれを何度も繰り返している、すごいなあと思いました。

ある日、知り合いがふと言いました。

「気力がないとき、ネガティブが重なっているとき、私は自分の魂に栄養を与えなきゃ行けないわ」と言いました。

私はそれを聞いて”魂に栄養”??と一瞬思いましたがすぐに「すごい言葉だ」と思いました。今まで考えもしなかった言葉でしたから。

魂に栄養がなければ、空回りします。その栄養の要素は人それぞれで違うのでしょうけど、体は健康が1番です。そしてメンタルも健康であり続けたい、そう思う今日このごろです。

 

Comments

  1. その方法も是非教えて下さい!😅

  2. LisaZate says:

    仕事をしなければ行けないのは仕方ないとしても、友達とよくコミュニケーションをとることもお薦めします。そして出来るだけ自然に触れましょ🙂

Copied title and URL