幼い頃に置いて来たもの

Blog

日本人にとってはクリスマスはそれほど重要ではない。ほとんどが若者のイベントかカップルのロマンチックな日として使われるか。

幼い頃は家族でペコちゃんのショートケーキとKFCとで楽しい一時を過ごしていた。

そう、KFCと言えばクリスマスのスペシャルなメニューで普段は食べなかった。いや、食べれたのだろうけどスペシャルとして取っておいたのだろう。

今は自宅から1km離れたところにKFCはある。

最近は、昔はしていて今ではもうしなくなったことを人から勧められてまた始めようかと思っている。

日記を書くことだ。朝に書くことだ。しかもちゃんとノートブックを買ってしっかり3ページ程。

何を始める前に朝起きて1番に行う。今思っていること、起こっていること、今日の予定、会う約束をしている人、仕事の事、趣味の事、人間関係、なんでもいいがみっちり3ページと決まっている。

「早起きは3問の得」という言葉がある。まさにそうだと思う。日記を書いて、散歩に行く。

そして思う。

今日のランチは1km先のあの場所で食べようか。

Comments

Copied title and URL