愚かな発想

Blog

時代はどんどん変化している。普段の生活ではほとんどそれが見えない。世界中で車がどんどん電気に変えようとしていたり、AIの技術が今ものすごい速さで進み中で、となると私達人間の現状も徐々にかわりつつ、いや変えられつつある。

では人の役目がAIや機械になっていくのであれば、人間は何をすればいいのか?

今までの学校教育の内容ももちろん変化しなくてはいけないし、家庭でのしつけや生活の形態も変わっていくだろう。

がしかし日本ではまだ30年、40年も前の教育形態をつづけ変えるのにも一苦労である。なぜいつも日本はおそいのだろう。

それは日本人が独自のビジネスを海外で行うときにもよくわかることだ。日本人は世界で戦うようには教えられていない。ビジネスで生き残る戦略や、どうやったら人は稼げるのか、そして会社を店をどうやって回していけるのかは学校で教えてもらえない。未だに数学の公式や理科の実験など全部とは言わないが社会に出て無意味なことを教わる、世界が変わってもまだ”戦後の日本”のままだ。

日本を出たことの無い社会人ならわかるだろう。一度外に出るといかに日本が島国であるか、隔離された社会形態か、あの教育、あのルール。生きていく上で必要なことは何を教えられたのか?!

政治家たちのほとんどが2カ国語話せないレベルだ。

だからヨーロッパとの大差が目立つ。

まだまだ日本は遅れている。厳しいようだが日本はさほど20年前とは変わっていない。

 

 

 

 

 

Comments

Copied title and URL