【今日のリサゼイトトピック】 ザ うどんワールド

充実した人生

うどんは日本の食文化を代表するトップ3にはいるメニューではないだろうか。

うどんを考えた人は天才であるとすら思う。

うどんは、小麦粉と水、そして少々の塩で練ってあるだけの麺類。庶民的で年齢問わず日本のどこにいても食べられる。その地域ごとに違うだしやしょうゆの使い方があるのでそれぞれ見た目は似ていても味が異なることが多い。

日本の有名なうどんは、香川県の讃岐うどん、秋田県の稲葉うどん、長崎県の五島うどん、富山県の氷見うどん、そして愛知県のきしめんだ。

現代の小麦粉の多くはオーストラリア産だというから驚いた。

ちなみにこれがこちらに売っている讃岐うどんだ。

それがこちらの人は特に食べようとしない。アジア人がほとんど好むようだ。

うどんはすばらしい。ざるうどん、皿うどん、焼きうどん、鍋うどんなどいろいろな形で楽しめる。

やっぱりうどんを見出した人は天才かもしれない。

Comments

Copied title and URL