【今日のリサゼイトトピック】 顔のコンプレックスだから

ヒトそれぞれ自分の顔のいい部分と気に入らない部分があるだろうが、人生1度きり、もし私が金持ちなら、顔の整形をするだろう。輪郭を一回り小さくし顎を狭くする。

顔は人間の第一印象を決定づけるパーツである。人間は相手の顔を見て勝手にどういう人か想像し決めつける生き物だ。その要素は、肌が綺麗か、童顔かじゃないか、顔つきなどである。で性格を決めつけたりする。私はよくいつも怒っているようにみられる。いつも機嫌悪いか何か心配事を抱えているかの様に言われる。だからコンプレックスになった。

逆に言うと常ににこにこしている人は常にハッピーなわけではない。つまりそのコンプレックスをいいように使う。

人間は絶対に他人にはなれない。顔の良いモデルの顔に離れない。スタイルのいい女優の体にはなれない。背の高いNBAスターの様に背は高くならない。人にはなれない。思えば思うほどストレスになり、コンプレックスになる。

自分らしくなるしかないのである。

また女性はメイクで印象が変わる。奇抜なメイクをしている人はいつも強い性格をしているわけではない。だがメイクでなんとでも変われる、とは言い切れない。

私はお金持ちではないので整形するお金はない。だから出来ることは自分らしくなることだ。このコンプレックスをいいように頭を使う。

にしてもやっぱりいつも微笑んでいようと思う。

Comments

Copied title and URL