夏が来るということ

Blog
近くの公園から

今週末はハロウィンである。といっても毎年あまり盛り上がらないNZ。私はアメリカの様にみな英語圏の国は、ショップであれやこれやとグッズを売り出し子供たちは何に仮装しようかと準備にワクワク盛り上がるのかと思っていたが、そうでもないので、少々がっかりである。

だから数少ない子供たちが一生懸命仮装して外を出歩き”Trick or Treat”と叫んでいたりすると、チョコレートか何かをあげたくなるものである。

幸いここはCOVIDの影響もなく通常通りお菓子などの受け渡しが可能になったので出来るだけ多くの子供たちが外に出歩いてほしいものだ。

(近所の今年初めて見た桜)

毎年桜の木が緑になる頃が一番いい季節ではないかと思う。心なしか人々はい年で一番大きなイベントと共に終わる就労・就学の1年を迎えるわけだから、夏休みの終わるまでの間休暇の計画を立て始める。本当ならば海外へ行く人、移民の多い国なので学生たちは中国へ里帰りしたり、ヨーロッパへ家族に会いに行ったりする人達で空港は一杯になり始めるのだけれど、今年はオーストラリアを中心に移動が少々あるのみになりそうだ。

それでも私たちは幸せである。この変わらぬ自然と遊べる場所や人達がまだ健康で暮らせるのだから、 私たちは本当にラッキーである。

これから冬になる国にお住いの方々は特に、くれぐれも気を付けてください。

Comments

Copied title and URL