【今日のリサゼイトトピック】今日のちょっとした話;マスクの常識

幸いNZではレベル1となりマスクの着用がもう義務付けられなくなった。がしかし、マスクの必要性はコロナに限らずもうすでに常識として世界中に深化したのではないだろうか。

そうすると中国産の簡易的(使い捨て)のマスクのほかに、手作りマスクなども今や主流となっている。家にミシンがある人は特に簡単に手作りマスクが出来るからとてもエコ的だ。

今でもなお世界中の殆どの国では人々がマスクを着けて生活をしなければいけない。寒い時期はまだいいが、夏の暑い日には結構蒸すそうな。でもってそれとは逆につけない人もいる。マスクを信用していない人たちだ。

人間は不思議である。1+1を2と答えるものがいるだけだと思っていたら、3とか5とかいうものもいる。なぜか?

最近宇宙の火星の話題からも見れえる。私たちはこの地球だけに生物がいると信じてきた。宇宙の端から端まで見たこともないのに決めつけてきた。今の30代40代の人たちは理科の授業で完全にそう教えられてきた。

まだ未成年だったころは、親の教え、教師の教えが常識だと思って信じ切って生きてきた。そして外に出てそのまま通しているとると常識として通用しない時がある場面に多々面食らう。特に民族が違うと、生きてきた国の背景や、宗教もからむと全く別の考え方になってしまう。

ただ無能な人間ほど自分の考え方が常識で、人に押し付けようとする。どれだけ言葉が優しくても優しい人とは限らない。態度が悪くても悪い人間だとは限らない。

”常識を疑え”とはよく言われたものの、正しく海外においては自分の常識が全ての世界を回すとは勘違いだ。1+1が2にならない時もあるということだ。

Comments

Copied title and URL