【今日のリサゼイトトピック】今日の日本ニュース;失態の後の正しい答え

先日ちょうど頂点に立つのはどういうことか、と話したばかりだが瀬戸大地選手はその頂点に“立っていた“にも関わらずつまらない事で人生を棒に振ってしまった有名スポーツ選手だ。彼はオリンピックという貴重な場所に行ける人なのに、そして国民からもたくさんのファンや支持があったにも関わらずだ。大きな会社とも契約打ち切りとなったり、競泳日本代表の主将も辞退、オリンピック委員会へも契約解除受理、そして今オリンピックへの出場も辞退するべきかいなかと問われている。

“不倫”というものはよくいわれるが犯罪ではない。誰も殺していないし、麻薬をやっていたわけでもない。確かに社会的影響が大きかった。失望、落胆、裏切り、騙し、うそなどが起こったスポーツ選手の失態。プロともなれば何も1人でやっていたわけではないので、あらゆる会社やスポンサーなどが関わるから少々ややこしい、日本なら尚更だ。

極端な話例えばもし仮に妻が、「私たちは公認なんです。互いに不倫をしながらも夫婦として愛し合って生活しているんです。日本では変わった方法かもしれませんが私たちの選んだ幸せな結婚生活です」とでもいったらどうなるか。こういう形は現に世界中に存在する。それでも処分はなされるか。スポンサーは契約を解除するだろうか。国民は「あ、じゃあ別にいいじゃないですか」となるだろうか。

日本では道徳観・倫理観・スポーツマン精神が重視される。それを害してまで金メダルはいらない、オリンピックにでてほしくないという国民はいる。一方でこういう支援がないサポーターがいない中で出るほどのコンディションと精神状態では難しいと客観的に見るだけの人もいる。あくまでも不倫は当事者の問題として切り離してみる人たちの見解である。アメリカでは後者の方で“お金さえ儲けてくれればいい”というビジネスのやり方なので有名歌手であろうが、著名人であろうが、金にならないことは気にしない。

「個人的に不快だからオリンピックの出場には反対する」という意見は発言してもいいが、それに左右されるのはいかがなものか?メディアの書き方では不必要に成功者を引きずり落とす方法とも見える。一層のこと法律で定めてしまえばいい。でなければこれはやはり当事者の問題か。

人として守るべき筋道のこと に基づく善悪の考え方。日本ではそれは人間の最低原理の動機であり常識である。ということは、不倫をする人間はそれすらも怠った者として人前に出る職業、ましてや国旗を背にしょった国の代表者にはふさわしくないということである。

Comments

Copied title and URL