【今日のリサゼイトトピック】 今日のNZニュース;やっと歯医者の日

Blog
歯医者からの風景

今日は歯医者の日だ。ロックダウンで延び延びになった予約がようやく終わった。不謹慎かもしれないが、私は小さい頃から医者や歯医者が大好きだ。よく歯医者の音が嫌いという人がいるけれども私にはなんてことない。注射も痛いとは思うが怖くはない。あの薬のにおいやいろんな器具を私のすぐ横においてあるのも悪くない。NZでは的確な歯の保険制度がないので18歳の誕生日を迎えれば自腹で治療をしなくてはいけない。この制度はNZ人の歯のコンディションを悪くする。かといってスイスの様な適切な医療保険を作るまではまだNZのレベルが低い。ただここには他にACCというサポートがあり急な事故や病気による病院での治療や手当の費用をカバーしてくれることがある。先日知人が急な腹痛を起こし救急車で運ばれた時、救急車代$80は払ったが、その後病院での5,6時間の治療や診断は全てACCでカバーされたので1セントも払わなくて済んだらしい。もちろんこれはNZパスポート保持者の場合だが。それは時に働くことが困難になった場合でもその間の生活費は一部賄ってくれる制度である。

歯医者へは台湾人の先生の言う通りハイハイと素直に1回$100のチェックアップに年2回行くことにしている。わたしはあまり子供の頃自分の歯をよく面倒見なかったのですぐに虫歯が出来る歯になってしまった。20代前半まではほぼ何も気にせずその都度治療すればいいか程度に考えていたので今となっては入れ歯になるまできっちりしていかないといけないと思っている。ただ今はデンタル整形の技術が進んでいるのでそちらに行く人たちも増えてきている。NZ人は大概タイやバリなどの費用が安い場所でのプチ整形を好む傾向がある。

ともあれいくつになっても歯は大切にしていきたいものだ。

Comments

Copied title and URL