香港市民の安泰の日々はいつになるのか

Blog

歴史

香港はもともと深い歴史があって、それはほぼ旧石器時代から始まる。1842年の清朝時代にかけてはここでは省略するとして、イギリスが九龍以北の租借に成功した際99年間という期限付きで中国はその土地周辺をイギリスに借すという約束の元香港はイギリス植民地となる。1997年6月30日午後12時までとなる。

その後1843年に初代香港総督サーヘンリーが就任し、イギリス植民地としての香港が始まった。その後香港は香港政庁のもとで華南貿易の基地として発展する。1941年にはイギリス職ミンチかにあったマレー半島にて日本陸軍に対する太平洋戦争が勃発する。日本軍が九龍半島を制圧することに成功したが、イギリス軍はゲリラ戦法を行い反撃、日本は苦戦していた。日本軍が香港唯一の貯水行けを占領したことに対しイギリス軍は降伏、香港は日本のものとなった。日本軍政府はこれまですべてがイギリス植民地下によるイギリス式になっていた為日本はmず言葉を英語から日本語の指導を開始した。また香港ドルをやめるよう大量に軍票(戦争時において占領地もしくは勢力下にて軍隊が現地からの物資調達及びその他の支払いのために発行される擬似紙幣)を発行し、またこれまでのイギリス式銀行、企業の営業を停止、中華民国本土との貿易の急激な変化に伴い深刻なインフレーションが起こってしまったのだ。それによってや100万人が中国本土へと移動し、香港はたった60万人の人口となってしまった。その後1945年第二次世界大戦により、日本はイギリスに香港を返還、中国はイギリスに香港主権移譲を要求したが内戦等によりうまくいかず結局はじめの99年約束の通り、1997年6月30日午後12時にイギリスから中国へと返還されたのだった。

問題点

主権移譲先の変更

 (ここが1番重要;wikipediaより抜粋)
                               
この頃世界中のイギリスの植民地では独立運動が活発化し、インドマレー半島、アフリカ各地をはじめとする多くの植民地を放棄していたが、1949年以降香港に隣接する中国大陸を新たに支配することになった中国共産党政府率いる中華人民共和国は、香港の主権を棚上げしたままイギリスとの国交樹立の交渉を進め、その結果、1950年イギリスは中華人民共和国を国家承認して国交樹立に動き[2]中華民国とは台湾に駐在する領事館を残した[3]。これは西側諸国としては最も早い中華人民共和国への国家承認であった。これを受けてイギリス政府は、将来の香港の主権移譲先を、今や香港から遠く海を隔てた台湾周辺を中心とした限られた地域のみを統治することになった中国国民党率いる中華民国から、香港に隣接する中国大陸を新たに支配することになった中国共産党政府率いる中華人民共和国へと変更

よってその後香港ではイギリスの植民地統治下では言論や報道、表現の自由がほぼ保障されていたことに対して中国は香港による新聞、雑誌、選挙、とうの制限・干渉がされたため香港市民の不満は募る一方だった。その為2005年よりなした香港の経済成長とともに2013年、2014年、2019年とデモが幾度も起きている。そして今日中国のさらなる制維持的影響の強まるなか報道の自由までも規制される事となる。

現状

今となってはそれをイギリスの責任だというものもいれば、中国の領土拡大化ともに共産党制覇の強制戦略に過ぎないともいわれている。香港からはいま、金持ちを中心に海外への移住をする市民も多く、最近ではイギリスがその許容を提供し市民はイギリス永住と化している。

香港市民にとっては不必要な中国政動に大変な被害を被ってるにしか見えない。

Comments

Copied title and URL