新しい首相 -日本-

Blog

長年首相を務めていた安倍氏がそのポジションを辞退し、次に選出、当選したのが管氏だ。COVID-19のパンデミックの取り組みの強化も含め実質安倍氏がしてきた政策(アベノミクス)継続の受け入れ、引継ぎをつするつもりでいる。

彼は安倍氏と共にこの広大な日本の官僚機構から官邸に意思決定の要素を移し、自民党内の派閥の対立を抑えることに役立ってきたらしい。彼は秋田県の農家の長男として生まれ、政治とは全く関係のないところからスタートし、地方政治の階級を少しづつかつ着実に上ってきた人物である。高校卒業後すぐに上京しまずは工場で働き始めたという。仕事が何であれ彼はいつも最善を尽くすことの重要性をつねに強調していたという。学生の頃から目立ちたがり屋ではなく大人しいタイプで安倍政権の下では内務省を率いっっていたこともある。新しい自民党の指導者は特に日本の複雑な官僚制度をナビゲートすることに熟達している、と関係者は言う。どこの誰がどのような役割を持って働いてるかの把握が鋭く、的確な指示を適者に直接渡すことが彼の得意とするところだという。

「国民の為に働く内閣にしたい」と彼はいう。今の日本はたくさんの問題がを抱えておりなんら改善されたように見えない安倍政策の1つ1つを彼と彼の率いる内閣のメンバーは解決していかないといけない。コロナで?ダメージを大いに浴びた経済の復旧とあらたに行政サービスのデジタル化「デジタル庁」を創設し、このIT時代にまにあうよう法律の改正も含まれて行っていくという。

国民の50%以上はまだこの新内閣を不安と考えている。外交に頼らず、これからは強い日本を作り上げていくのか。平均年齢60歳、自民党から70歳平均の官僚たちがこれからどのように新しい日本を今までの政策継続で成し遂げるのか見者である。

Comments

Copied title and URL